大阪から白浜まで安く行く方法。バスと鉄道を比較。

基礎知識

関西で海に行くなら、きれいな白砂のビーチが広がる白浜。

安く行けるおすすめの行き方を紹介します。


この記事を書いた人:曖昧

出張や日常のはざまにおでかけしている30代の関西人です。

日帰りで北海道に行ったり、東京出張ついでに山形に行ったりします。

なるべくコスパよい旅行をしたいと思って研究中です!!

詳しくはプロフィールを見てくださいね。


高速バス

JRバスが、大阪駅/難波駅からアドベンチャーワールド行きのバスを運行しています。

高速バスのメリット

  • とれとれ市場、三段壁、アドベンチャーワールド、千畳敷海水浴場に直行
  • 料金が安い(3300円)
  • Wi-fiやコンセントが使える

高速バスのデメリット

  • 3時間30分かかる

高速バス、結構お得です。

旅行者にとって、高速バスは無難な選択肢だと考えます。

観光地に直行できるため、時間は鉄道利用と大差なく、乗り換えの負担がなありません。運賃が下がり、快適に過ごせるので、時間が合えば高速バスを利用すると良いと思います。

ダイヤはこちらの公式ページを見てください。

なお、このバスは、梅田/なんば~りんくうタウンが600円関空に行く最安の交通手段です。

鉄道(特急くろしお)利用

鉄道で行くなら、特急くろしお一択です。

なぜなら、普通列車は、①2~3回の乗り換えを要する、②バスより時間がかかる(4時間半)、③本数が少ない(数時間に1本)、④快適さに劣るため、紹介する価値もないと考えています。

鉄道利用のメリット

  • 早い

大阪~白浜間を2時間半で走ります。これが唯一かつ最大のメリットです。他に挙げるとすれば、

  • 歩き回れる
  • トイレでオムツを替えれる
  • 鉄道の方が子供受けがいいことが多い

これが、子連れの場合の最大のメリットかと思います。

特に、「オーシャンアロー」編成は特に人気が高く、ラウンジもあるので旅行気分高まりますよ。その車両がオーシャンアロー編成かどうかは、「e5489」で該当車両のグリーン車を見て、以下のような配列になっていれば、ビンゴです。

くろしお:JRおでかけネット (jr-odekake.net)

JRおでかけネットを見ても大丈夫です。

鉄道利用のデメリット

  • 高い
  • Wi-Fiがなく、コンセントも全席にはない。

運賃については、2週間前まで購入できる「WEB早得14」であれば、大阪~白浜が4480円です。

くろしおに安く乗る方法

くろしおに安く乗るためには、JR西日本の予約サイト「e5489」を使ってください。詳しくは、別記事に委ねていますが、窓口で買うと、正規運賃(5610円)なので、最大1000円ほど損します。e5489のサイトは意外と簡単に使えます

まとめ

  • 大阪から白浜に行くには、高速バスか特急くろしおが便利。
  • 所要時間以外は「高速バス」がおすすめ。一人旅や友達同士なら高速バスへ。
  • 子連れの場合は、歩き回れる特急利用がおすすめ。

楽しい白浜の旅を満喫してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました